分かりやすい健康診断の代行サービスの解説

企業で働く人のほとんどは定期健診を受けたことがあるでしょう。こうした定期健診は企業側が費用を負担し、実施する義務が課せられています。また従業員もこうした企業が実施する定期健診を受ける義務があります。しかしながら企業が定期健診を実施することは想像以上に手間と時間がかかってしまうものです。企業が定期健診を実施する方法としては、社内で集団健診を行う方法と、従業員に指定の病院で健診を受けてもらう方法、また従業員それぞれが各自で健診を受け、その結果を提出する方法などがあります。どの方法にしても通常の業務が滞るだけでなく、従業員のスケジュールの管理や定期健診を受けたかどうかの確認に加え、定期健診の結果の管理など中規模、大規模企業にとっては非常に手間がかかってしまいます。そこでおすすめなのが健康診断の代行サービスです。

企業におすすめしたい健康診断の代行サービスとは

企業が従業員の健康診断を行うことは義務づけられているもので、従業員もまた健康診断を受けることが義務付けられています。健康診断を行い従業員の健康管理を行うことは企業の成長には不可欠であるといわれています。しかし非常に重要である健康診断でありながら、適切な健康項目が満たされていなかったり、健康診断が実施されていなかったり、従業員の健康状態をしっかりと把握できていない企業も実は多いのです。このような場合におすすめなのが健康診断の代行サービスです。健康診断の代行サービスは企業と医療機関との間に入り、健康診断の項目や工程、 日程などを決める他支払い業務や健康診断を受けた後の従業員の検査結果のデータを集計するなど健康診断に関するあらゆる業務を代行してもらうことができるサービスです。

健康診断を代行サービスにするメリットとは

担当者の手間となることが多い健康診断を代行サービスに依頼することで、まず担当者の負担を減らし、確実に実施することができるというメリットがあります。健康診断の実施はコンプライアンスを守るうえでも非常に重要です。そのため会社の繁忙期等の波に関係なく、確実に実施することができます。また代行サービスを利用することで費用は発生しますが、社員を増やす必要がないため人件費の節約にもつなげられます。また健康診断を行ううえで内部設定するとどんな項目を実施さいたらよいのかなど悩むことも多いですが、代行サービスを依頼することにより、社員よりもより知識が高く、健康診断後のデータ管理や、検査結果に基づいて今後どのような健康管理を実施していけばよいのかなどもわかりやすいため、従業員の健康管理が非常に行いやすいことがメリットであるといえます。

定額・低料金で、データ登録・移行もサポートします! 健診受診率や保健指導実施率を高めたい! 事業主と健康保険組合間でのコラボヘルス、健康保険組合間でのコンソーシアム等の取組みを支援します。 健康診断の解説と健康コラムは『+Wellness』です。 特定保健指導案内や健診結果に基づく二次健診の受診勧奨(電話・メール・郵送対応可)を代行します。 働く女性の健康支援、被扶養者健診等をお任せ下さい。 健康診断の代行サービスならウェルネス・コミュニケーションズへ