健康診断の代行サービスの魅力とは

健康組合や事業主向けの健康診断代行サービスをご存知ですか。手配から予約の管理など健診にかかわる業務全般を一括して代行してくれるうえ、健康診断の結果をデータとして集約したり分析したりもしてくれます。そしてデータに基づいた健康増進へのサポートもしてくれます。2015年より従業員が50名を超える企業は年に一度のストレスチェックが義務付けられており、健康管理システムを導入する企業が増えました。従業員の健康状態を管理するのは企業の務めであり、従業員が積極的に健康診断を受けられる仕組みが整えられ、結果についても経年で観察できるなど従業員のメリットは大きいです。また企業側にとっても医療機関との手配が省ける点や健康診断のスケジュール確認や予約の進捗状況の確認などが容易にできる点など、大幅な業務削減が可能になります。

健康診断代行サービスでできること

各地に拠点を持つ企業にとって、健康診断結果の一元化は企業としても管理しやすく、同一の基準で診断を受けられるので便利です。従業員の家族にも優待がある点もうれしいです。結果についてはデーターベースで管理できるので、個人でもデータ閲覧が可能になったり、結果に基づいた相談ができるなど、保健指導もしやすいです。義務付けられているストレスチェックについても、容易にデータ分析、レポート作成ができるので、業務効率にもつながります。こうした健康診断代行サービスを行う業者いくつかあり、導入を考えるならいくつか見積もりをとることをおすすめします。どのようなことを依頼したいのか、どういったカスタマイズができるのか、導入にかかる予算などをはっきりとさせておきましょう。費用はパッケージ型、またはクラウド型で大きな差があり、クラウド型では従業員の人数に応じた従量課金制になっていることが多いです。

健康診断代行サービス、選び方のポイント

健康診断代行サービスの導入費用やランニングコストはサーバー型かクラウド型かによって差があります。サーバー型では自社にデータを置くためセキュリティ面で安心な一方、初期導入コストが高額になりがちです。反対にクラウド型では初期導入費用やランニングコストを抑えられる一方、一定額のランニングコストが発生します。ネットトラブルなどでシステムダウンしてしまうことがありますので気を付けたいです。業種や従業員数に応じて選択しましょう。健康管理システムはできるだけシンプルでつかいやすいものを選ぶのが重要です。視覚的にも操作面においてもわかりやすく簡単であるものを選びましょう。またストレスチェックとの連携や集計機能、データ出力方法などは要望に応じたカスタマイズができ、求める運用ができる業者を選ぶことをおすすめします。