初めてでも分かりやすい健康診断の代行サービスについて

健康診断の代行サービスとは事業主、健保組合、共済組合のような組織向けに健診に関する業務を一括で代行してくれるアウトソーシングの一つです。近年は健康診断の代行サービスを請け負う会社が増えてきています。サービス内容は健康診断や人間ドッグ予約、精算、結果の回収だけでなく、健診結果をデータにして集約、分析までしてくれます。これによって企業の悩みであった、受信者対応業務、人事異動などでの引継ぎ業務、健診結果の管理といった業務負担の軽減が期待でき、受診者も自身で予約が取りやすくなることで受診率が上がるメリットが生まれます。また、診断結果をデータ化するサービスもありますので、大きな病気を未然に防ぎ、会社としての損失も防ぐことができます。ここでは、今後健康診断の代行サービスの導入を検討しているかたににわかりやすく説明をしていきます。

代行サービスの導入のメリットについて

健康診断の代行サービスを導入することで、健康診断を担当する部署及び担当者の業務が軽減され、本来の業務に励むことができます社員数が多い場合、健康診断の予約の調整に時間がとられてしまいますが、その間を取り持ってくれるので、事務負担が減り本来の業務に就くことができます。全国に拠点があり、全社の健康状態が管理しにくい場合は、結果をデータ化することで簡単に可視化することも可能です。また、海外赴任健診や深夜健診のようなイレギュラーな健診にも対応してくれますので、海外事業所や夜間労働がある企業にも対応できる点は大きいです。このように健康診断の代行サービスにも様々な内容がありますので、企業で課題とされている点を改善できるサービスを提供してくれるでしょう。代行サービス業者によって、特徴がありますので、いくつか比較してみるとサービス内容がわかります。

代行サービスにはどのようなものがあるのか

代行サービスには手厚いサポートがあります。サービス内容とし全国に提携医療機関を持ち、全国で健康診断を行えますので、受診者が希望の病院で健診を受けることができます。受診状況の管理も行えますので、未受診者には受診を促すようにメールで連絡が入ります。精算も代行サービスになっていることもあり、補助金申請や精算をする必要がなくなります。健診結果など個人の情報に関わるものも、厳重に管理されるのでセキュリティーの面でも心配がいりません。チャットを利用して保健師の保健指導を取り入れている代行サービスもあります。毎年の定期健康診断業務で時間を取られがち、健康診断の結果を活用できていない、社員の健康の守り方がわからないなどの悩みがある企業はぜひ導入を検討してみるといいでしょう。