初めてでも安心な健康診断の代行サービス導入方法

定期的な健康診断、社員の方は全員受けられていますでしょうか。きちんと受診されていない方もおられるかもしれませんが、会社を管理する側から社員へ、健康管理の一環として健康診断を受診させることは義務付けられています。長時間の労働による体調不良など、社員の健康面での問題が目立つ近年では、その重要性がさらに注目されているのです。このような社員への健康診断の実施は費用の負担を企業側がするように設定されており、企業によりますが、基本的な診断にかかる費用を上限としていることが多いでしょう。しかし、社員の全員が定期的に健康診断を受診する為に行う手続きや書類作成、結果の整理など、企業側に負担が多くかかります。そこで便利なのが代行サービスを利用する方法です。ここからは、代行サービスがどのようなことをしてくれるのかご紹介していきます。

代行サービスに依頼できることとは?

まずは代行サービスに依頼をするとどのようなサービスが受けられるのか簡単に例をご紹介しますと、代行サービス会社が契約している病院の紹介や予約代行、それぞれが受診したい検査項目に沿ったコースの設定、金銭的手続き、診断結果の整理など、受診するべき社員がスムーズに医療機関へ行って健康診断を受けられるようにする一連の手続きや作業について任せることが可能です。それによって受診する方が個々に病院とやりとりせずWeb上で予約や費用の清算などが簡単に行えるようになります。また、結果も蓄積されてものを確認でき。健康状態の把握に役立てることができるのです。手続きが簡単になることで予約などが面倒だと感じることがなく、管理者が頭を悩ませがちな、社員の健康診断受診率の低さを向上させるきっかけにもなるでしょう。

代行サービスを利用する大きなメリット

このように、受診する方が簡単に予約や変更が可能になるというのがユーザー側のメリットですが、管理者側からとしては個別に病院や受診者の対応をしなくてよくなること、予算やニーズに合わせたプランを組んでもらえることなど管理者の負担を大きく減らすことが出来ます。また、サービス会社によってはストレスチェックテストや就労状況の分析など、インターネットを通じて分析できるデータから、心身ともに健康を保つ手伝いもしてもらえます。極度のストレスや業務の大きな負担から体を壊してしまう前に、未然に信号をキャッチする糸口にもなります。社内業務が問題なく行われる為には、社員が健康であることも大切な課題の一つです。その為に健康診断を毎年受けるよう、きちんと健康管理を行うために代行サービスの利用を一考してみるとよいでしょう。